2019-10 士別 岩尾内湖白樺 〜紅葉狩り 前編

肌寒くなってきた10月。紅葉を探しに一路北に向かったのでした。


岩尾内湖白樺キャンプ場

  • 北海道士別市(shibetsu-shi)朝日町岩尾内
  • 0165-28-2880
  • 士別市HP
  • 札幌から約190km
  • トイレ:キレイ。(管理棟の中)
➕ 無料!! / 静か / 車乗り入れ可 / ランドリーあり / 白樺に囲まれた湖のほとり
➖湖に向かって、ちょ〜〜っと斜面
結論:無料とは申し訳無さすぎる、居心地最高のキャンプ場。

気持ちのいい休日。一路道央道を北に向かって北上します。
10月というのに、20度近い。
紅葉を追って北上してきましたが、ここ滝川あたりが紅葉のピーク。
旭川を通り過ぎ、愛別ICで降りる頃には、紅葉が微妙に過ぎ去っていました。ヤバい・・・。
前回はコンビニで入手しましたが、今回はちゃんと調べて愛別町内にあるホクレン系のお店で買い出しです。
やっす!
なかなかの品揃えでしたよ。
ここからは、一般道を北上します。
少し散ってきているけれど、まだまだ紅葉いけそう!
そんなこんなで、岩尾内湖に到着です。
いいねぇ!最高の季節がやってきました。
人造湖の岩尾内湖。
管理棟到着です。
なかはシンプル。売店はありません。トイレ、コインランドリーが併設されています。
トイレ
悪くない
いい感じ
夜でも快適そう。
管理棟、夏だけ長いのね。
ランドリーもあります。洗濯一回400円。乾燥機は30分400円でした。
シャワールームだってあります!!!

こんなに設備いいここのキャンプ場。え?値段ですか?キャンプ料金?

・・・・無料だってばよ!!!!!

 (マジか

こんな素晴らしい環境のキャンプ場が無料って、なんだそれ。
場内マップが無いので、こちらで代用。2が管理棟。1がキャンプ場。私がいるのは左側の1のほう。場内をぐるっと一周する道があり、その脇に車を停めることができます。
さて、こちらは炊事棟。地図では3。管理棟の直ぐ側にあります。
ふつー。(もちろん水のみ)
裏もあるよ。
注意事項もろもろ。食料・ゴミの取り扱いには注意しましょうね。
注意事項
注意事項2
灰捨場はちょっと遠いいけれど、特に問題はないでしょう。

湖から離れた側にロッジが数軒立っています。
シンプルで使いやすそうな内装
いや〜〜。紅葉最高だな。そして、どこにテント張ろうかな。
地べたはふっかふかだし。
そらは真っ青だし
湖はきれいだし。
ここいいなぁ
方位を見て、テントを張る方向を決めます。
「樹皮をむかないでください」は始めてみました。着火剤代わり?樹液取り?
散歩するだけで、どんどん景色が変わっていきます。
街灯も溶け込むスタイル
よし。管理棟(トイレ)もほどほど近い、この場所に決めました。
湖面川を見るとこんな最高の風景
ペグも手でぐいぐい押せちゃいます。
いつもの
Nemoテントを
建ててっと。
飲むよ〜〜〜!
飲みながら、新しく買ったテーブルのblog用写真撮ったり
カバー写真や
ヘリノックス三兄弟や
今まで買ってきたボトルたちを撮ったら
ごはんタイムです!!!
今回の目玉はサンマ!秋だし。目も透き通っていますよ!
ユニセラ TG-III miniで炭炊いて
レモン味の塩コショウをかけます。
こ、れ、を
焼くっ!!1
できた!
旨すぎる。
二本目のビールはこちら。地ビール”はこだてビール”の社長のよく飲むビール”
これ、何がすごいって、アルコール度数10%なんです!
二匹目も大成功。うまうま
そろそろ冷えてきたので、焚き火スタート
本当に焚き火楽しい。
静かに
夜の帳が下りていきます。
Zzzzz…_?

あれれ?どうも少し寝落ちしていたみたい。
サンマ二匹だけじゃ物足りないので、
半額の舞茸と白菜を使って、鍋作りますよ〜
SOTOのストームブレイカーで
煮込みます。
夜はウィスキー派(ロック)
できました。
コチュジャンかかて、美味しい〜〜〜〜!温まる
なお、山崎のウィスキー入れたチタンマグ、凍ってました(笑
量いっぱい作ったので、余った分はスープジャーに移して明日の朝食へ。
夜の場内。街路灯が4〜5基あって最低限は見えます。
炊事棟(左)で水くみ。
帰り道。見上げたらオリオン座
あ、キツネ
昔、キツネにヘリノックス椅子の収納ケースを持ち去られた人間としては、警戒心MAXです。(=これ、いつも通りですけどね笑)
ファスナー閉めて。

それでは、おやすみなさい。

Z..z..z..z

後編(二日目)に続く

(Visited 1 times, 14 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です