2020年春。
人と会わない話さない。車中泊・自販機・持参カップラーメン。

をテーマに行った道東一泊ドライブ。そこには霧多布という絶景がありました。


霧多布岬(きりたっぷ)キャンプ場


札幌からまさかの全て下道でやってきた釧路の先、浜中町。

こんな景色が広がるのは、北海道といえども道東の外れか、道北の上の方のみ。

岬の看板があると、ついつい寄ってしまう私。初めて霧多布(きりたっぷ)岬にやってきました。

いや、晴れて入るけれど、強風半端ない。

どれだけ強いかって、これ見てください。この黄色いの。

これ、旗です。交通安全とかの。

それが、裂けて、裂けて、ここまで細くなってしまうほど、強風が吹く場所なのです。

そんな場所に位置するのが、無料キャンプ場で有名らしい、霧多布岬キャンプ場です。

なお、当然ですが、立入禁止。

コロナですから。

というわけで、私はこの道路側から全てを撮っていますので、近寄った写真等がないのはご了承ください。

管理棟っぽいところ。コテージは有料ですが、テント泊無料と!

ゴミ捨て場かな?
強風に耐えている感たっぷりのこの建物。ジブリっぽい!?
恐らく炊事場

ここは広場を中心に、ぐる〜っとコテージが外周を囲んでいるような配置のようですね。中央の広場はテントサイトなのかな。

でも、ここのキャンプ場は、この太平洋を望むこの場所がいちばんの魅力な気がします。ここにテント建てた翌朝は気持ちよさそう。(強風でなければ

キャンプ場の周りはマジで何もないので、注意してくださいね。特に徒歩や自転車の方。

せっかく来たのですから泊まりたいけど、ぐっと我慢。

また来ます!霧多布岬!

さて、次はどこでキャンプしようかな!


(Visited 1 times, 97 visits today)