2019-08 清水町コニファー 〜直火とせせらぎに癒やされる

今回は新しいキャンプ場開拓を目指して出発!

しかし、そういうときに限ってトラブルが起こるんですよね・・・笑


清水町 隠れ家的オートキャンプ場「遊び小屋 コニファー」

    • 十勝管内 清水町旭山2番56  (帯広市の2つ隣町。十勝清水ICが最寄り)
    • ぜろ9ぜろー16よん2−6418 (迷惑電話対策)
    • http://www.mytokachi.jp/conifer54/
    • 札幌駅から約180km
    • トイレ:ワイルド
    • ➕ 直火可!!石炉あり! / 敷地内に小川が流れている / 雰囲気いい / 自由 / 通年営業
    • 結論:居心地最高の私営キャンプ場。

天気のいい午後。一路道東に向かい高速を飛ばします!

目的地は、日高の穂別キャンプ場。

そんな中、ふと気づきます。

あ!!!焚き火台忘れた!!!

薪はたくさん積んでいるのに・・・。

ダメ元で今回の目的地、穂別キャンプ場に電話。

「焚き火台のレンタルあります?」

「ないです。」

 

・・・ちーん。

終了。

そして、私はいま、高速に乗っています。

キャンプ用品店のあるような街はとっくのとうに通り過ぎています。

う〜〜〜〜。と反省しつつも、思い浮かんだのは、一つのキャンプ場。

日高山脈の向こう側、帯広にほど近い直火ができる私営キャンプ場です。

念の為、管理人さんに電話して、GOGO!

目指すはコニファー

大好きなキャンプ場です。

あ、ここ注意です。

コニファーに来るにはこの橋を渡る必要があります。あまりの大型車はここ通れないかも・・・。

ギリギリ日没前に到着!!

受付して、

場所探して、

テントを組み立てます。

ここ、ちょっと小さな岩があるので、快適睡眠のために避けておきましょう。

正面に小川が見える場所に陣取って

完成!

(地面硬かった)

この景色独占です!

なお、場内には本州から来たというキャンパー一組さんだけでした。やったね!

(しかも飛行機で来てレンタカー借りて来ているとのこと。荷物繰り大変だけど楽しそうだなぁ)

で、ビールいただきます!

うまうま!

焚き火の準備も完了1

ここは直火OKだから、本当に楽しい。

今回、夕食は焼き鳥メインにしてみました。

なかなか火力が出ないロゴスの成形炭でじっくりじっくり。

今回のラインナップ。

ほろよいは、ほぼ炭酸ジュースですな。(笑

 

美味しいウィスキー。ミニボトルがソロキャンプにはぴったり。

う〜〜ま〜〜い〜〜〜!

最近ハマっているねぎ塩チューブ。

鶏肉を焼いて

こいつにつけると、うまい〜〜〜x2

家で漬けてきたお肉。

炭火で焼こうにも、全然火が通らない。

これは焚き火の出番か!?

よくわからないけど、火の近くにおいてみよう。

おつまみはサンマの蒲焼き缶

あ、そうそう。この箸置き最高です。滑らないし、2種類分けておけるし、なにより100円!!

そろそろいいかなぁ。

ちーん。

炭やん。

なんか、雨じゃないですけれど、ライトで照らすとなんかある。

水分じゃないとおもうだけど、よくわからず。おそらくホコリ的な?

ウィスキー飲んで飲んで、

バタン。

 

 

Z

 

 

Z..z…z

 

 

 

 

zz..z.

 

 

.z.z..z

 

 

z.

 

 

おはようございます。

ちゃんとテント内で寝ていました(笑

あ、外は雨かも。

荷物は全部避難済み。

写真ではわかりにくいですが、ザンザンぶりの雨。

さて、ここからはカメラ交代。

私のメインカメラ、Canon G7 Xにかわり、防水のOLYMPUS TG-5に変わります。

 

寝袋は、テントに触れていた部分が少し濡れた程度でした。

フロアは少し染みています。

これはヘリノックスのコットを載せたからだなぁ。経年劣化ということでこの程度は仕方ないか。

外には出ず、テント前室でご飯食べましょ。

電子点火がうまく行かず、ガスを出した状態でファイヤースターターで点火。

こういアナログな手段は必ず一つ準備したほうがいいですね。マッチとか。

今日のホットサンド。

ベーコンとカニカマ味。

いい感じに焼き焼き。

うまい〜〜。

欠かせない食後のアイスコーヒー。

カッパ着て外へ。

この川の音にどれだけ癒やされたか。

管理人さんいわく、今は増水しているけど、暑い日は子どもたちがここで遊んでいるよ、とのこと。

焚き火あと。

もう一組は早めに撤収したのか、もう私一人だけ。

ほんとコニファーいい。

この写真で、キャンプエリアほぼ8割。右側に川が流れています。

石組みの焚き火場所もいくつかありますし、何かと便利なベンチも。

どこにテントをはるか、ワクワクしながら選べます。

 

今思うと、もっとのんびりすればよかったな〜と思いますが、お昼は帯広方面で食べたかったので、撤収開始。

(目の前に川。きれいそう)

うぉりゃ〜。(じゃぶじゃぶ

※もちろん洗剤とかは一切使っていませんょ。水で流しているだけ

(なんか楽しくなって、いい気になってきたワタシ)

テントもおりゃ〜〜〜。じゃぶじゃぶ

じゃぶじゃぶ。

しぼって〜〜・・・?

!!!!?

はい。

お財布洗ってしまいました(笑

泣いたけど、グラウンドシートも洗います。

丁度いいところにロープがあったので、ちょっとお借りして。。。

※雨の中

あ!やばい。Nemoのテントに必須な、このコネクター。

(これがないと、テント自体が建てられない)

3つしかない・・・。

流されたか。。。(おバカ

ペグも洗います。

(いい湯〜だ〜な的な写真になってしまった・・・。)

洗ったテントも、ある程度水分を絞って、ゴミ袋に収納。

で、撤収完了〜〜〜。

ってことで、場内探索へ。

まずは、ここがトイレ。

こんな感じ。

なお、男子トイレは、もう少しワイルド。

ここが、炊事小屋。

これは・・・焼き肉網掃除場所かな。

薪は、コンテナ販売。750円也。

シンクや水はこの中。

色々整っています。

ありすぎレベル。

きれいに維持されているシンク。

炊事場というより、台所ですね。

お隣の家は、管理人さんのお住い。受付もこちらから。

料金。

オーナーさんからのメッセージ。

オーナーさんに帰る旨お話し。

いや〜癒やされた。

また来よう。なんとなく冬来る場所というイメージを持ってしまっているのですが、夏も気持ちがいいんだよな

では、帯広方向へ!

お昼はここ、芽室町のあかずきんさん。


ファミリーとんかつの店あかずきん 公式Web

この宣伝にやられ

ネギカツ丼980円。

うまうま。

いや〜でもここのお店、美味しそうなメニューが沢山・・・。

丼も美味しそう・・・。また来よう。

食後に、インデアン芽室店で、お持ち帰りルー2人前注文♪(笑

さて、次は温泉。

近場で探したら占冠に温泉があると。

到着。

廃校舎利用というけれど、とっても綺麗にリフォームされています!


【公式】占冠 湯の沢温泉 森の四季 | 森に囲まれた秘境の湯宿 公式Web

へ〜〜〜!薪で!

入浴料500円。

おしゃれ〜。

レストラン利用や宿泊でも来てみたい。

貸し切り!!!!

綺麗でいいお湯でした。

囲炉裏でソフト頂いてのんびりのんびり。

さて、次はどこに行こうかな!

(Visited 1 times, 10 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です